稼ぐ教師🍙になりませんか?

「信用」と「時間」と「お金」を稼ぐ教師になるためのブログです♪

理科(ものの溶け方)✖ 授業格言「本当に見せたいものは隠せ」

本当に見せたいものは隠せ

 

授業はたくさんの情報で溢れています。教科書にはいろいろなことが書いてあるし、先生の話も毎日たくさん聞いています。人間は刺激に慣れる特性があるので、「刺激的なひっかかり」のある部分がないと、子供たちはだんだんと飽きてしまいます。だから授業を最初から最後までダラーっと進めていても、子供たちは楽しくないし、何が大切かもわかりません。

 

「刺激的なひっかかり」をつくり、注目させたい部分に注目させる方法として「本当に見せたいものを隠す」という技術があります。

 

例えば5年理科「物のとけ方」

長~いアクリルの筒の上から塩を入れて真ん中を隠しておきます。

当然下から落ちてくると落ちてこない。

「途中で溶けたんだ!」

すると、隠してある場所が見たくなってきます。きっとそこで、塩が溶けてなくなる様子が見られるからです。

f:id:onigiripapa1031:20180108104200p:plain

意欲さえ高まれば,子供たちが勝手にどんどん観察をするようになります。

溶ける様子を隠すと、溶ける様子が気になっちゃうんです!

 

「本当に見せたいものは隠せ」の法則は、いろんな場面で応用可能です。

普段の指導にぜひ取り入れてみてください♪