稼ぐ教師🍙になりませんか?

「信用」と「時間」と「お金」を稼ぐ教師になるためのブログです♪

道徳(二項対立型) ✖ 恵方巻実践

僕の尊敬する「ふたせんさん」が、二項対立型の授業を実践されました。

 

http://www.kesuke03.xyz/entry/2018/02/06/062712

 

ふたせんさんのブログは昔からずっと読ませて頂いていたので、こんなに嬉しいことはありません。ありがとうございました!

 

御本人の許可をいただきましたので、振り返りを書かせていただこうと思います。

振り返り

①タイムリーで素晴らしい

道徳というのは、やはりタイムリーな話題の方が良いと思います。いきなりぶっこんでも問題ないですが、タイムリーな話題の方が後々まで響きます。家庭でも話題になったと本人が仰っていましたが、タイムリーだったのが大きな要因だと思います。

 

②恵方巻の写真のインパクトが素晴らしい

f:id:onigiripapa1031:20180206190339p:plain

えげつない量の恵方巻ですよね。問題意識を持たずにはいられません!

写真にはこだわりたいですね!

 

③2人ずつ意見を言わせたのが素晴らしい

両者に平等というのが素晴らしい。

多勢とか少数とか関係なく、平等に扱うのは大切なことだと思います。

これは「学習に多数決はなじまない」ことを伝えるヒドゥンカリキュラムです。

 

代案

素晴らしすぎる授業なので、代案らしい代案はありません。よって、おまけのアイデアを書きます。

①援護射撃を用意できるといい

例えば、「許せない」派が優勢になったとします。

そしたら、教師が「痛い所」を突くわけです。

おにぎりパパ🍙の突く「痛い所」は決まっています。

「恵方巻は捨ててなくても、自分も同じようなことしてないかい?」http://econavi.eic.or.jp/uploads/diary/18716/9fb5894180c872f481be9ca33485c4fbbced9fc2.jpg

給食の残食だとか

http://2.bp.blogspot.com/-EhORqqn1hVI/T1iLMJFClTI/AAAAAAAAC1Q/N03MR6YGWQw/s1600/987048_1556292126_95large.jpg

レストランの食べ残しだとかを突き付けます(笑)

 

 

逆に「仕方ない」派が優勢になったとします。

そしたら反対側の痛い所を突きます。

 

「仕方ないってあきらめたら、食べ物はどんどん無駄になっていくんじゃない?」

http://econavi.eic.or.jp/uploads/diary/18716/9fb5894180c872f481be9ca33485c4fbbced9fc2.jpg

給食の残食だとか

 

http://2.bp.blogspot.com/-EhORqqn1hVI/T1iLMJFClTI/AAAAAAAAC1Q/N03MR6YGWQw/s1600/987048_1556292126_95large.jpg

レストランの食べ残しだとかを突き付けます(笑)

 

 

 

 

 

気付いたと思います。

どっち側に突き付けるにしろ、同じ画像やん!

 

そうなんです。二項対立は表裏一体なのです!

だから、教師の投げかけ方で、写真の見え方が変わるのです!

そしてまた、ふりだしに戻ったように話が回り出すのです(笑)

 

②教師の説話があってもいい

最後に、教師の説話があってもいいんじゃないかと思います。

ではどんな話をすればいいのか。

 

科学技術に、どちらも納得のいく答えを求める

 

http://free-illustrations-ls01.gatag.net/images/lgi01b201406291200.jpg

おにぎりパパ🍙なら、「AIによって、恵方巻がどれだけ売れるかを、より正確に算出できるようになる話」をしますね。

それは、おにぎりパパ🍙が理科の教師だからです。

 

もし、音楽が好きな教師なら、例えば心に響く歌を作ったら素敵ですよね!

 

子供たちには、未来志向でいてほしいと思いませんか?

(多くの先生は、道徳的にはいらない話と断定するでしょうね笑)

 

 

学びの場をくださった「ふたせんさん」に、心から感謝申し上げます。