稼ぐ教師🍙になりませんか?

「信用」と「時間」と「お金」を稼ぐ教師になるためのブログです♪

戦略的に生きるとは?「どうやったら彼氏できますか?」

「どうやったら彼氏できますか?」

 

こんな質問がきました。

良い質問なので、この質問を例に「戦略的な生き方」について考えてみたいと思います(*^^*)

 

https://illust-imt.jp/archives/000473.smpl.png

①【前提から疑ってみる】

本当に彼氏がほしいのか、自問自答を繰り返せ!

 

彼氏ができない状況があるとすると、実は

 

「本当は彼氏、そんなにほしくない。怖い。自信がない。」

 

なーんてことも、よくあります。

 

だから、自問自答を繰り返します。

「本当はそこまで彼氏ほしくない」のであれば「なかなか彼氏できない自分」を受け入れましょう。思い通りになっているわけですから。

 

「いやいや、マジです!どうしてもほしいんです!!!!」って結論が出たならば、今こそ主体的に攻めるべき時です!!

 

②【分析してみる】

視点を決めて、事実を調べ、考えをまとめよう!

 

例えばこんな視点で分析できそうです。

 

①望みの高さ

②環境

③見た目

 

①「自分のことを棚に上げ、高望みしていないか?彼氏が欲しいって気持ちが本当なら、もっとなりふり構わずいくべきじゃないか?まず、彼をつくる。その後相応しいか考えればいいんじゃないか?実は、めっちゃ優しい人なんじゃないか?」

 

②「どこに行けば、彼がつくりやすいんだ?合コンか?でも私は口下手だし可愛くもないぞ。クラブか?真面目な私には合わない気がするぞ。ひょっとして楽天オーネット?」

 

③ちゃんとおしゃれできているか?似合う髪型は?流行りの化粧や服は?

 

③【順位を付けてみる】

一番改善が見込める理由はどれだろう。

根拠を持つのが難しいのですが、彼氏ができない人の最大の理由は「モテない環境にいること」つまり「環境」だと思います。

 

婚活パーティーや合コン、楽天オーネットに挑戦しましょう!

トルコに行けば、日本人めっちゃモテると聞いたこともあります笑

 

④【誰かになりきってみる】

洋服とか、1着ずつちまちま買ってちゃいけません。もういっそ

「髪型から靴まで桐谷美玲風!」

信頼できる友達か、ショップの店員さんにお願いしてみましょう笑

 

①【前提から疑ってみる】

②【分析してみる】

③【順位を付けてみる】

④誰かに成りきってみる

 

ここに挙げた4つは「考え方ベース」という🍙の授業構想の視点と同じです。

授業づくりも彼氏づくりも、考え方は基本同じなのです。

 

質問者さんに彼氏ができることを願っています♪

 

#5 お金の話:利回り4%の世界

今回は「利回り」についての話をします。

 

利回りとは

「1年間で、どれだけ資産が増えるかの割合」

のことです。

 

例えば1000円を利回り10%で運用すると、1年後には1100円になるということです。

 

利回り4%で運用するとどうなる?

 

年に1度、ボーナスから50万円貯金するとしましょう。

 

10年続けると、500万円の貯金ができますよね!

 

同じように、年1度50万を、利回り4%で10年間運用したらどうなるでしょうか。

 

最初の50万は、1年後52万になります。

 

2年目は、52万に50万2を加え102万の利回り4%なので、106万800円です。

 

そんなこんなで10年間運用すると、、、なんと10年後は

624万円!

124万円も余分に増えていることが分かります(*^^*)

これってすごいことですよね!だって124万ですよ!!

 

ところで、利回り4%って可能なの?

 

めちゃめちゃ可能です!

 

例えば🍙が持っている銘柄で言うと

 

「アールシーコア」 利回り4.02%

 

がありますし、有名どころでは

 

日産自動車 利回り5.28%

キャノン  利回り4.09%

住友商事  利回り4.1%

 

などがあります。

 

まとめ

 

毎年50万円の貯金を株式投資利回り4%で運用すると624万円になる。

 

10年で124万円も儲かる!!

 

株式投資、半端ないって!

 

#4 お金の話:それは、資産なのか負債なのか

前回記事で、資産と負債について説明しました。

 

今回は具体例を出して

それって資産なの?負債なの?

ってところを考えてみたいと思います。

 

①車は資産なの?負債なの?

 

これは明らかに負債です。

 

車はあなたの財布からお金を奪っていきます。車検、保険、ガソリン代、重量税、たくさん奪っていきます。

 

②タンス預金は資産なの?負債なの?

 

タンス預金は、財布にお金を入れてくれませんが、奪っていくこともありません。

つまり資産でも負債でもないということになります。

 

次はは難しいよ♪

③株式投資は資産なの?負債なの?

結論から言うと、あなた次第です。

 

株で儲ける人もいれば、損をする人もいるのです。

 

f:id:onigiripapa1031:20180619224410p:plain

まとめ

 

あなた自信によって、投資は資産にも負債にもなる。

 

 

#3 お金の話:お金はどのように増やせばいいのか

3お金はどのように増やせばよいのか

 

気になるテーマだと思います。

 

簡単に結論を出す前に、知っておくべき言葉があります。

 

「資産」と「負債」です。

 

これ、めちゃめちゃ重要です。

勘違いしてしまうと、お金を増やすことはできません。

 

ずばり

「資産」とは「あなたの財布にお金を入れてくれるもの」

 

「負債」とは「あなたの財布からお金を奪うもの」

 

f:id:onigiripapa1031:20180619183926p:plain

 

めちゃめちゃ分かりやすいですね!

 

これが分かれば「お金はどのように増やせばいいのか」の結論も自ずと決まると思います。

 

まとめ

 

「資産」を増やし「負債」を減らせば、お金はどんどん増える!

#2 お金の話:お金はどれだけ増やせばいいのか

お金はどれだけ増やせばいいのか

 

第1目標:2000万円

<理由>

保健がいらなくなる。

 

生命保険がいりません。

僕が死んだら家を売っぱらって、そのお金と2000万円を持って実家で子供を養ってください。

 

医療保険がいりません。

けがなどの治療は2000万円で賄います。

 

車両保険がいりません。

事故ったら、2000万円で買い換えます。

 

携帯の保険もいりません。

月々500円で修理費タダみたいなのあるじゃないですか。ああいう類の保険はすべて必要なくなります。壊れたら2000万円で買い換えます。

 

あらゆる保険が、期待値マイナスの賭け損です。

保健は、ピンチを救ってもらうかわりに、さらなる貧乏に陥るシステムです。

2000万円が、あなたを保健という搾取から救ってくれます!

 

2000万円は、保健の搾取から抜け出す金額です!

 

第2目標:5000万円

<理由>

仕事をやめても食べていけるから

 

5000万円で高配当株を買うと、配当金が年間200万円ほど得られます。

年間200万円あれば、食いっぱぐれることはないでしょう。

つまり、5000万円あれば、例え養う家族がいたとしても、勇気を持って仕事をやめることが容易になります。

 

5000万円は、自由を手にする金額です!

 

第3目標:1億円

<理由>

成功を感じられるから

 

いろいろな投資家の方の話を伺っていると、どうやら1億円が、投資家として成功したと感じる境目のようです。

 

1億円は、投資家としての成功を感じる金額です。

 

そして、成功した投資家は、寄付など人のためにお金を使うようになるそうです。

人生のスケールが大きくなったからこそ取れる行動です。

 

まとめ

2000万円→5000万円→1億円と、段階を追って目標を定めましょう(^^)

 

 

#1 お金の話:お金とは何なのか

お金とは何なのか

①お金は「勇気」です。

 

教師という仕事が嫌になったとしましょう。或いは、別にやりたいことができて仕事をやめたくなったとしましょう。

 

あなたは潔く、スパッと仕事をやめられますか?

 

「やめられない」と思ったあなた

 

やめられない理由は何ですか?

 

おそらく最大の理由は「収入がなくなるから」なのではないですか?

 

もし、手元に3億円あったら、それでも「やめられない」と思いますか?

 

お金は「勇気」です。お金があれば、人は大胆な行動も容易に取れるようになるのです。

 

②お金は時間です。

1冊の本を買おうかどうか、悩んだ経験はありませんか?

お金がたくさんあれば、迷わず買ったのではないですか?

 

新幹線に乗らずに、鈍行に乗った経験はありませんか?

タクシーに乗らずに、歩いた経験はありませんか?

お金があれば、より速い移動方法を選んだのではないですか?

 

お金は時間です。

お金がない人は、時間をお金に変えるしかありません。

お金がある人は、お金で時間を買うことができます。

 

③お金は人生のスケールです。

 

もしお金が無限にあったら、自分の学校を作りたくないですか?

もしお金が無限にあったら、新しい会社とか作りたくないですか?

 

お金は人生のスケールです。いつの間にか、お金の多寡で人生のスケールは決まるものです。

(お金の多寡と人生のスケールが関係ない人も稀にいます)

 

 

④お金は、それ自体が目的には成り得ません。

お金は画材道具です。たくさんあればあるほど壮大な絵が描けますが、描きたい絵がなければ何の価値もありません。

 

お金は所詮、たかがお金です。

本当に欲しいものを直接買うことはできません。

 

まとめ

お金を自分に有利に働かせて、本当にやりたいことに没頭できる自分を手に入れましょう。

「比べてみる」授業の展開例

先日の記事で、国語の教科書が「比べてみる」ことをめっちゃ大切にしていることが分かりました。

 

(読んでいない方は、こちらをどうぞ♪)

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

 

今回は「比べてみる」授業を、どのように展開するかについて考えてみます。

 

「比べてみる」授業の展開例

 

「比べてみる」授業はシンプルです。

①課題「何と何を比べるかをはっきりと示す」

②活動「思考ツールを使って、比べる」

③まとめ「違いや共通点を見つけ、まとめる」

(④感想などをつけ加える)

 

同じワークシート、同じようなノートの書式で授業できるため、指示なしで、どんどん授業を進められます!

 

 

なぜ、同じワークシート、同じようなノート書式で授業できるのか。

それは「同じ思考方法なら、同じ思考ツールが使えるから」です。

 

f:id:onigiripapa1031:20180612125356p:plain

課題に、「〇〇と〇〇を比べて、違いをまとめよう」を書きます。

真ん中の枠(思考ツール)に、比べる2つの特徴をどんどんメモします。

まとめに、違いを書きます。

 

どんどんメモしたところで、交流をします。自分では気付けなかったことに気付くことができます。

まとめが書けたら、掲示します。毎回掲示することで必要感を高めます。

 

この授業展開なら、初任者だって安定した授業ができます!それが「考え方ベース」の最大の利点です!

 

「比べてみる授業」の理科への転用

 

6年理科に、このような学習内容があります。

 

f:id:onigiripapa1031:20180612133313j:plain

f:id:onigiripapa1031:20180612133329j:plain

 

「空気を吸ったり吐いたりすることで、何を取り入れ、何を出しているだろうか」

「吸う空気と吐いた空気の違いを比べよう」

 

→二酸化炭素が増えるんでしょ。常識っしょ!

 

予想しよう

 

→予想も何も、だれでも知ってますよ。。。

 

石灰水で実験しよう。

 

→白くにごるんでしょ。

 

まとめ

 

→二酸化炭素を吐いているに決まってます。

 

 

丁寧にやったら、常識を確認する授業になりがちです。。。

 

さて、皆さんならどのように授業改善しますか?

 

「すごい発問思いつかん。ねらいを変えちゃおう。」とか「まぁいいや。とりあえず教科書通りで。」となりません?

 

 

 

考え方ベースなら、こんな風に授業できます。

 

スライド1つで導入を済ませます。

 

f:id:onigiripapa1031:20180612134842p:plain

 

石灰水渡して、保護メガネの使用を徹底して、「さあ、どうぞ」

 

「比べてみる」という思考に慣れている子は「吸う空気」と「吐いた空気」の比べ方が分かっているので、すぐに動き出すことができます。

 

→教科書見ながら、実験手順を確認しよう。

→先生、ビニル袋ください!  「どうぞ」

→教科書は袋だけど、私たちはビンでやります! 「どうぞ」

→比べるでは、それぞれの結果を対比させよう

→めとめで、違いをはっきりとさせよう

 

「二酸化炭素が増えることを正しく理解する」のが目的ではなく、「比較したレポートを書く」のが目的です。

 

「二酸化炭素が増えたから、人間は呼吸によって二酸化炭素を吐いている!」という結果よりも、「ちゃんと比べることができたか?」という過程を評価します。

 

「比べてみる授業」は汎用性と簡易性を兼ね揃えています。そして「情報編集能力(思考力)」を育成する学習効果も期待できます。そして何より安定して楽しい授業を提供することができます!

 

次回:「考え方ベース」は、「比べてみる」だけじゃないんだぜ!