稼ぐ教師🍙になりませんか?

「信用」と「時間」と「お金」を稼ぐ教師になるためのブログです♪

昼の集いの話「生徒指導主任として」

4月11日(水)の昼の集いで、生徒指導主任として、全校児童に向けて話をする機会があります。

 

テーマは、今月のめあて「相手の目を見て挨拶をしよう」です。

 

相手にとってのメリットを、分かりやすく提示するのが🍙流です。

 

それでは、生徒指導主任の🍙先生のお話です。お願いします♪

(赤は🍙のセリフ、黒は予想される児童の反応です)

 

 

f:id:onigiripapa1031:20180407175551p:plain

 

皆さん、今月のめあてを覚えていますか?心の中で唱えてみてください。

 

(心で唱える)

 

忘れっちゃった人もいますか。

 ヒントです。

f:id:onigiripapa1031:20180407175649p:plain

 

あいさつー!

 

おしい!もう1つヒントです。

f:id:onigiripapa1031:20180407175803p:plain

 

相手の目を見てあいさつをします。

 

そうです。みんなで言ってみましょう。さん、はい。

相手の目を見てあいさつをします

f:id:onigiripapa1031:20180407180011p:plain

 

ところでさあ、

相手の目を見てあいさつをすると、どんな良いことがあるのかな?

心の中で考えてごらん。

 

(心の中で考える)

 

こう思った人も多いんじゃないかな。

f:id:onigiripapa1031:20180407180455p:plain

あいさつをすると、友達と仲良くなれるんですね。

 

でもね、実はもう1つ理由があるんです。

 

f:id:onigiripapa1031:20180407180835p:plain

 

ちゃんと理由があります。

f:id:onigiripapa1031:20180407181013p:plain

 

オキシトシン

みんなで言ってみよう。さん、はい!

 

オキシトシン

 

オキシトシンは、幸せホルモンと呼ばれています。

頭の中でオキシトシンが出ると、人は幸せを感じるのだそうです。

そして、挨拶をすると、このオキシトシンがたっくさん出るのです。

つまり!

あいさつをすると、幸せになれるんです!

f:id:onigiripapa1031:20180407181435p:plain

 

それでは、今から、あいさつの練習をしてみましょう。

全員、立ちましょう。お昼だけど「おはようございます」でいきますね(笑)

先生の目を見て、「おはようございます」

「おはようございます!」

 

〇〇小を挨拶で、オキシトシンいっぱいにしましょう!

お話を終わります。全員、座りましょう。

 

オキシトシンをキーワードに、挨拶が広がることを願っています。

 

(「目を見て」は徹底しにくい駄作のめあてだと🍙は思っています。ゆえに、強調せずにぼやかしています笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H30社会科授業論

 

社会の授業の単元は、主に4つの授業スタイルを組み合わせて進めようと考えています。

 

①「立場を変えて考える」思考力重視のインバスケット風授業

②「教科書の読み込み」と「NHK For Schoolメモ」を利用しての知識・理解重視の一斉授業

③「比較して考える」思考力重視の二項対立型授業

④「学んだことをまとめる」知識と技能重視の新聞作り授業

 

それぞれ解説してみます(^^)

 

①「立場を変えて考える」思考力重視のインバスケット風授業

 

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

詳しく歴史を学んでいく前に、白紙の頭で取り組ませたいと思っています。目的は知識を得ることではありません。「当時の権力者がどのような問題の解決に立ち向かったのか」を実感を伴って理解し、「立場を変えて考える」という問題解決の思考方法を身に付けるために行います。

 

②「教科書の読み込み」と「NHK For Schoolメモ」を利用しての知識・理解重視の一斉授業

 

「教師が一文読む」→「子供が同じ文を読む」という読み方で教科書を読み進めます。

次に、教科書に載っている写真や図などを、発問を交えながら1つずつ確認していきます。

さらに、NHK For Schoolなどの動画を使って理解を深めます。

 

www.nhk.or.jp

 

ちなみに動画を見るときは「ノート1ページ以上メモを取る」ことをルールとします。

メモが取りやすいよう、動画はたまに止めながら見ます。だから、10分の動画を15分くらいかけて見ることになります。授業の最後にノートのチェックも行います。

 

最後に、時間があれば「覚えたかな?10問クイズ」という、一問一答形式のクイズを行います。

 

③「比較して考える」思考力重視の二項対立型授業

 

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

「暮らすなら、縄文時代か弥生時代か」

「奈良の大仏作りは、人々に幸せをもたらしたか」

など、AかBを選択する課題で討論に取り組みます。

 

二項対立型の授業は、「比べることで深く理解する」ことができますし、「比較して考える」という問題解決能力を身に付けることもできます。

 

 ④「学んだことをまとめる」知識と技能重視の新聞作り

 

単元ごとに「新聞作り」をして、学習をまとめます。

 

やり方は、furu-tさんのブログ記事がとっても参考になります(^^)

 

manabitudukeru.seesaa.net

 

furu-tさんと🍙との違いは「1人1枚に収める」部分。

 

furu-tさんは1枚に収めるよう指導していますが、🍙は収めません。1人何枚書いてもOKとします。家でも授業でも好きなだけ書いて良いこととし、書いたら書いただけ掲示してあげたいと思っています。

(どちらが良いかは一概には言えませんよ!)

 

ちなみに「書いたら書いただけ掲示」を支えるのは「ファイル100枚構想」という掲示方法です。🍙もまだやったことないアイデアです(;^ω^)

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

 

まとめ

①「立場を変えて考える」思考力重視のインバスケット風授業
②「教科書の読み込み」と「NHK For Schoolメモ」を利用しての知識・理解重視の一斉授業
③「比較して考える」思考力重視の二項対立型授業
④「学んだことをまとめる」知識と技能重視の新聞作り授業

 

この4つの学習スタイルを組み合わせて「知識・理解」「思考」「学びに向かう力」の3つの力をバランスよく高めていきたいと考えています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学級経営案

まだ、書きかけです。ちょっとずつ充実させます。

 

 【朝来たら】

・宿題提出

 提出方法は、番号順に開いて山積み

・予定を書く

 「次の日の予定を書く」予定帳ではなく、月間或いは学期の予定を確認する「手帳タイプ」に変更!

 

【朝の会】 シンプルに!

・あいさつ

・健康観察

・先生の話

 

【国語】

・物語

 「おもしろさ」を読み解く「10の観点学習法」

・説明文

 「伝えやすさ」を発見する「書き方学習」

・作文

 作家の時間(まだ勉強不足)

 読書感想文指導(7月)

・読書

 「面白さの紹介」を基軸とした多読

 

【算数】

・イレブンパーツシステムによる、基礎基本の徹底

 

【理科】

・オーソドックスに楽しい理科

 

【社会】

・思考力を育むインバスケット風学習

・教科書音読・動画メモ学習による知識・理解の学習

・「新聞作り」を基軸にした「ノートまとめ」

 

【体育】

・思考を重視したおにぎり流ボール運動

・行事とコラボした器械運動

・エレメンタリー背泳ぎを中心に据えた水泳指導

 

【英語】

・三構成法

 

【帰りの会】

・係や委員会からの連絡

・2分間、みんなのために「気働き」

・振り返りジャーナル

 

【宿題】

・毎日、自主勉強

・漢字のテストと書き取りのコラボ

・読書の充実(内容未定)

 

【係活動】

・プロジェクト活動

 

【学級通信・保護者との連携】

・WONDER

・一筆箋

 

 

 

 

 

 

 

金のなる鉢植えの木

 

「金のなる鉢植えの木」が売っています。

 

https://t.pimg.jp/006/017/971/1/6017971.jpg

 

値段は、6万3千円です。

 

1年に1度、5千5百円ほどの実ができる予想だそうです。

 

鉢植えなので、他の人に転売することもできます。

 

転売のとき、値段は変動します。

 

「もっとたくさん実ができそうだ」となれば、値段が上がるかもしれないし「今年は寒波が来るから枯れちゃう可能性が高まる」となれば値段が下がるかもしれません。

 

どうです?ほしくなりませんか?

 

実はこの「金のなる木」本当に売っているんです!

 

株式投資です。

 

例えば「ブロードリーフ」という銘柄、昨年は約6万3千円。

配当等の見込は約5千5百円です。

 

f:id:onigiripapa1031:20180325095200p:plain

 

 それから1年経ち「めっちゃ安いやん!」という噂が広まり、今は10万円超えです。

 

f:id:onigiripapa1031:20180325100957p:plain

 

おにぎり🍙から見れば、値段が上がることは、予測可能な未来でした。

 

もし今後13万円くらいの値段が付くことがあれば、売却して次の「金のなる木」を探すことにします。

 

こうして、資本が資本を呼び、お金は増殖していくのです。それが資本主義。経済のルールです。

 

増えたお金で、また本でも買おうかな♪

 

皆さんも、稼ぐ教師になりませんか?

おにぎり🍙流研究主任の5か条

来年度、研究主任になりました。

研究主任になる上で、先を見通すために、どんなことを意識しておけばいいか、これだけは押さえなければ!ということとか、教えてもらえたらと思います。

よろしくお願いします!

 

ある方から、このようなメッセージを頂きました。

 

そこで、研究主任の仕事術について、おにぎりの考えを述べたいと思います。

 

名付けて「おにぎり🍙流研究主任の5か条」です(^^)

https://wooden-free.com/material/067.jpg

おにぎり流研究主任5か条

①テーマを一言で表現せよ

長々しい研究テーマや目指す子供像は、覚えていられません。一言で表せるのが理想です!

 

筑波大学附属小学校は「きめる」

大阪教育大学附属天王寺小学校は「省みる」

静岡大学教育大学附属静岡小学校は「夢中になる」

おにぎりの学校は今年度「本気」来年度「試行錯誤」

 

皆さんの学校の研究は、一言で言うと何ですか?

 

②情報は、小出しにたくさんせよ

人間は基本的に10分しか集中できません。1か月に1度1時間の話をするより、1週間に1度10分の情報を出す方が効果があります。

 

ちなみにおにぎり🍙は今年度、「研修マガジン」と銘打って「役立ち情報などを毎日電子掲示板に載せる活動」を行いました。

おすすめです♪

onigiripapa1031.hatenablog.co

 

③学習指導要領に沿った研究をせよ

 

有名でないマニアックな理論を追及しようとすると、そのための勉強会をたくさんしなければいけなくなります。

その点、学習指導要領に沿っていれば、皆基本の考え方を知っているはずなのでスムーズです。

ちなみに、おにぎりの学校の研究構想については以下のブログページを参考にしてください。

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

④やることをはっきりさせよ

 

4月の初めに、いつ、だれが、何を、どのようにやるのかなどをはっきりさせておくべきです。

 

例えば、他校へ授業見学へ行ったら報告するのかしないのか?

例えば、研修の後の事後検討を行ったら、まとめは書くのか書かないのか?

 

後から急に言うと、不満がたまります。

 

⑤まず、自分がやってみせろ

 

おにぎり🍙の学校では今年度「主体的な学び=本気」の研究をしました。

本気になっているクラスがどんな感じなのかイメージを持ってもらうために、4月に提案授業をしました。

 

研究主任自ら授業をすることで「あいつが言うならやるしかないかー。」みたいな雰囲気を作ることができます。

 

ちなみに授業は一番得意な理科でやりました。いろいろな植物の気孔を本気になって探す様子が見られ、そのときの写真が地区の校長会冊子の表紙を飾ることになりました(^^)

 

 

各校の研修が充実したものになることを願っています♪

 

 

次世代型職員会議「アップデート・ブレスト会議」~後編~

前回の続きです。

 

前回を読んでいない方はこちらからどうぞ♪

 

onigiripapa1031.hatenablog.com

 

ざっくり要点をまとめると

 

①紙はやめて、データに!

②日付順に、整頓

③昨年度からの変更点は赤!他の先生にやってもらうことは青!

④行事が終わった直後に、来年度の起案を!

⑤起案締め切り日は毎月1日!読み込み日は毎月5日15分間!

 

 

こんな感じにすると、伝達系の会議は一切不要になります!

というお話でした(*^^*)

 

これでもう「職員会議自体が不要なのか」というと、🍙はそうは思いません。

 

では、一体どんな職員会議なら必要なのでしょう。

 

🍙の提案は

「アップデート・ブレスト会議」

です!

 

 

アップデート・ブレスト会議とはなんぞや

①アップデート=状況把握のアップデート

教育を取り巻く課題と自校の状況を把握すること。

 

②ブレスト=ブレインストーミング

アップデートから見出した問題を解決するアイデアを、とにかくたくさん出し合うこと。

 

アップデート・ブレスト会議の目的はこの2つです。

会議に意思決定権はありません。

 

組体操を例に、アップデート・ブレスト会議を説明します。

 

①まず、話題にしたい教育事情について、新聞記事や教育委員会の通達を事例に学びます。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/5e/a30126e3df1ad1204da4ce830119a7a8.jpg

これで、方向性の前提がそろいます。

ちなみに提案者は、校長であるべきだというのが🍙の考えです。

 

②次に、自校の状況を確認します。

 

「組体操、やってるよねー。確かに危ないけど、地域の方や子供たちは楽しみにしている感もあるよねー。」

 

 できればデータを使いたいところですが、感想になってしまうことも多々あるでしょう。

 

これで、現状把握の前提がそろいます。

 

以上2つでアップデートは終わりです。時間にして5分~10分といったところでしょうか。

 

③ブレスト(ブレインストーミング)を行う

 

アップデートが終わったところで、改めて議題を確認しブレストを行います。

 

今回の議題は

「組体操の代わりにできる種目と、そのメリットデメリット」

 

3~4人のグループを作り、5~10分程度の話し合いを行います。

おそらく

「ダンス」「フラッグダンス」「棒体操」「ソーラン節」「よさこい」「集団行動」などの意見と、そのメリットデメリットが挙がってくるでしょう。

 

各グループの出した結論を担当へ提出して、この会議は終わりです。

先にも言ったように、会議に意思決定権はありません。

これを、誰かが言った「集団行動」に決定するなんて言い出したら、来年度の担当者はたまったものではありません。基本的に、担当者ができる範囲で、責任を持って意思決定していくことが重要になのです。

(校長が、組体操やめー!とか、何段までならOK!とか、基準をつくることは必要でしょう)

 

1回のアップデート・ブレスト会議は、15分~20分で終了です。

 

働き方改革を例に、アップデート・ブレスト会議をもう1度説明します。

①まず、話題にしたい教育事情について、新聞記事や教育委員会の通達を事例に学びます。

 

f:id:onigiripapa1031:20180321191050p:plain

 

これで、方向性の前提がそろいます。

 

②次に、自校の状況を確認します。

できれば、データを元に考察したいですね。

「平均勤務終了時間は〇時であり、県平均より遅い。目標(理想)は〇時にしよう。」

などです。

 

これで、現状把握の前提がそろいます。

 

③ブレスト(ブレインストーミング)を行う

議題設定が難しいのですが

「実は、やらなくても問題ない業務探し」

「みんなに知らせたい時短術」

 

などが例として考えられます。

 

ブレスト後の情報は共有しても、当然「必ずやってください!」とはしません。

でも、考えたことは、確実にその後の仕事に影響を与えるでしょう。

 

まとめ

アップデート・ブレスト会議は、議題のイシュー度を高め、解決へ確実に近づく手段です。

 

そしてちなみに、Google社の会議の在り方を参考に考えてみました。

 

職員会議が、価値ある会議へ変貌を遂げることを願っています。

 

 

 

次世代型職員会議を考えてみる~前編~

「必要ない」「つまらない」「意見言いづらい」「ねむい」

 

職員会議に不満を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

https://t.pimg.jp/005/083/216/1/5083216.jpg

 

そこで、おにぎり🍙が「次世代型職員会議」を考案してみました!

 

次世代型職員会議とは?

①当然、紙ではなくデータ

紙の冊子とかやめましょう。フォルダーにデータを入れておいて、それを開いて見てください。

 

f:id:onigiripapa1031:20180318181550p:plain

中は「4月~15月」に分けられていて、年中閲覧可能にしておきます。

 

f:id:onigiripapa1031:20180318182119p:plain

基本2か月前のフォルダに、提案されるデータが、日付入りの名前で入れられます。

 

例えば「15月4日の6送会のデータ」であれば13月の中に「1504 6送会」といった感じになります。

 

f:id:onigiripapa1031:20180318203521p:plain

1504という日付を入れることで、行事の順に自動的に並びます。

 

初めから、昨年度のデータを入れておきます。

 

そしてここがポイントなのですが「昨年度と変えたところは赤」「他の先生にやって頂くことは青」で書くというルールで統一します!

 

 

f:id:onigiripapa1031:20180318211218p:plain

こんな感じです。

こうしておくことで、どこを読めばいいか一目瞭然です(^^)

学年主任は主に青字をチェックして、TODOリストを作ります。

昨年度も学校にいた人は、赤字だけ読めば大概のことは分かります。

 

②行事が終わった直後に、来年度に向けた改善案を書いておく!

「もうすぐ行事だ!昨年のデータを読んで起案しなくちゃ!」

 

これでは時間がかかる上に、昨年度の反省を生かして改善することが難しいです。

行事が終わった直後に、来年度のために改善案を書き込んでおくのがベターです。

 

f:id:onigiripapa1031:20180318212125p:plain

 

こんな感じです♪

こうしておけば、毎年改善されていきますし、自転車操業的な提案もなくなります。

 

③毎月1日までに起案し、毎月5日に15分、読み込む時間を確保する。

 

期限が毎回ばらばらでは「いつまでに起案するんだっけー?」となり、期限の確認だけで10分くらい消費するなんてことになりかねません。

起案の締め切りは毎月1日に揃えます。

 

そしてちゃんと「読み込む時間」を設けます。

この時間がないと「忙しくって読めなかったなー」という言い訳ができてしまい、行き当たりばったりの教師が増えてしまいます。毎月15分確保することで「読んでいないあなたが悪い」となり、責任の所在をはっきりさせることができます。

 

これで、書いてあることを読んで確認するだけの退屈な会議は、全て消滅します! 

 

ここで新たな疑問が湧きます

「この方法だと、会議いらなくない?」

そうなんです。従来のレベルの会議なら、もはや会議なんて必要ないんですね!

では、もう「みんなで集まる必要はないのか?」

これについては後編に書きます(^^)